toggle
2017-10-30

11/3(金祝) 國分功一郎「中動態の世界 – 意志と責任の考古学」を語る

ななげい(七間町大学藝術学部)講座

トークイベント
國分功一郎「中動態の世界 – 意志と責任の考古学」を語る

ゲスト:國分功一郎(哲学者 高崎経済大学准教授)
渡辺真也(映像作家 元ベルリン工科経済大学講師
めぐるりアート静岡出展アーティスト)
日時:2017年11月3日(金祝) 19:00 – 21:00
場所:ななげい(村上開明堂七間町第2ビル) Google map
参加費:一般1,000円 / 学生500円
予約不要(当日会場にお越しください)
定員:100名

第16回小林秀雄賞の受賞作『中動態の世界――意志と責任の考古学』の著者國分功一郎さんが来静します!

『暇と退屈の倫理学』など話題作を立て続けに出版し、若手哲学者として注目されている國分さん。「めぐるりアート静岡」村上開明堂七間町第2ビル会場の展示作家渡辺真也さんの前作「SOUL ODYSSEY – ユーラシアを探して」のアソシエイトプロデューサーを勤めた縁もあり、今回開催が決定しました。この貴重な機会をどうぞお見逃しなく。

[ 登壇者プロフィール ]

國分功一郎(こくぶんこういちろう)
高崎経済大学経済学部准教授。 1974年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。専攻は哲学。著書に『ドゥルーズの哲学原理』(岩波書店)、『暇と退屈の倫理学 増補新版』(大田出版)、『スピノザの方法』(みすず書房)、訳書に『カントの批判哲学』(ドゥルーズ著、筑摩書房)などがある。「中動態の世界-意志と責任の考古学」(医学書院)にて小林秀雄賞を受賞。

渡辺真也(わたなべしんや)
1980年静岡県沼津市生まれのキュレーター/映画監督。元ベルリン工科経済大学講師。ベルリン芸術大学博士課程修了。2008-09 年 「アトミックサンシャインの中へ – 日本国平和 憲法第9条下における戦後美術」(ニューヨーク、東京、 沖縄巡回)、2016 年「ナムジュン・パイク 2020 年 笑っているのは誰 ?+?=??」(ワタリウ ム美術館)などをキュレーション。2016 年に初監督した映画 『Soul Odyssey – ユーラシアを探して』にて、インドネシア国際人権映画祭にてストーリー賞と国際優秀賞を受賞。


ななげいとは。
「めぐるりアート静岡」派生企画として会期中の村上開明堂七間町第2ビルでまずは3週間開講。藝術を媒介に日常生活の中で「学び」を発展、継続するためのプラットフォームを目指しています。

会場:村上開明堂七間町第2ビル > Google map

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です