2019-02-27

3/11(月) みんなで100年後のモウソウ七間町会議 〜 界隈 1919 2019 2109 〜

七間町ハプニング3オープニング企画
「みんなで100年後のモウソウ七間町会議
  〜 界隈 1919 2019 2109 〜」

プレゼンテーション:柚木康裕(七間町ハプニング3プロデューサー)
ファシリテーター:土肥潤也(コミュニティラボCo-℃代表、NPO法人わかもののまち代表理事)
日時:2019年3月11日(月) 19:00 – 21:30
場所:人宿町やどりぎ座(Google map
〒420-0037 静岡県静岡市葵区人宿町2丁目5−2 EZAKI-SOZOSYA キネマ館2F
定員40名(要予約:CCCあるいはオフィススノドまで)
入場無料(ドリンク注文にご協力ください)
主催:静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター

[ お問い合わせ ]
(株)オフィススノド アートマネジメント事業部(ゆのき)
メール:お問い合わせフォーム
電話:090-5006-1798 ( 受付時間 10:00 – 19:00)

コンテンツ
1)プレゼンテーション:柚木康裕
 「1919 2019 2119 – 七間町ハプニングの目指すところ」
2)ラウンドテーブル
 「みんなで百年後の妄想七間町」
3)振り返り

ラウンドテーブル
百年後の七間町を妄想してみよう。

七間町ハプニング3のオープニングはパフォーマンス公演ではなく、みんなでこの街の未来を想う対話の時間となります。会議とは硬い表現ですが、ざっくばらんに妄想力全開で、世界一ユニークな七間町の百年後を描くワークショップです。前半は七間町ハプニング3に関するプレゼンテーション。後半はワークショップとなります。ぜひ一緒にモウソウしましょう。

ただし、妄想が妄想で終わってしまうのも、それはそれで楽しいのかもしれませんが、この妄想をきっかけに具体的な実現に向けて動き出す予定です。ですので、これはその第一歩。壮大な未来を創り出すスタートアップです。みなさんのお力添えを頂けば嬉しいです。会場でお待ちしております!(柚木)

[ プロフィール ]

コミュニティファシリテーター
土肥潤也(どいじゅんや)
1995年、静岡県焼津市生まれ。早稲田大学社会科学研究科修士課程・都市・コミュニティデザイン論専攻。大学時代から若者の社会・政治参加に関する活動に参加し、学部3年生の時にNPO法人わかもののまちを立ち上げる。子ども・若者が主体的に参画するワークショップやまちづくり活動の経験を経て、2019年からコミュニティラボCo-℃(コード)を立ち上げ、まちづくりの領域を中心に、すべての人が主人公になれるコミュニティづくりに取り組む。NPO法人わかもののまち代表理事、日本シティズンシップ教育フォーラム(J-CEF)運営委員、Homebase YAIZU コミュニティコーディネーター、みんなのアソビバプロジェクトコーディネーターなど。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です