2018-12-24

パフォーミング・アーツ・フェスティバル「七間町ハプニング3」

七間町ハプニングとは、CCC-静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター主催のパフォーミング・アーツ・フェスティバル。弊社代表柚木が立案し企画・運営に協力しています。

LIFEをLIVEにするハプニング!今年は7days開催!
パフォーミング・アーツ・フェスティバル
七間町ハプニング3
開催日時:2019年3月11日(月) – 17日(日)
*開催時間は日によって変更します。
会場:コミュニティホール七間町、静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター
水道局庁舎前ピロティ、七間町歩行者天国、人宿町やどりき座
あそviva劇場、スノドカフェ七間町 など
入場無料(投げ銭歓迎)
主催:CCC-静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター
企画協力:株式会社オフィス スノド

入場無料(投げ銭歓迎)

七間町ハプニングとは、静岡市の食とパフォーミング・アーツ、エンターテイメントのアート&カルチャーゾーン「しずおか西おまち(七間町や人宿町界隈を示す造語)」の劇場、施設、カフェや歩行者天国などで繰り広げられるパフォーミング・アーツ・フェスティバル。演劇やダンスだけでなく、静岡らしい大道芸のほか落語などの演芸的なパフォーマンスまでさまざまな創造的芸術的な身体表現を体験できる機会です。今年で3年目を迎えます。人宿町にも新しい劇場「人宿町やどりぎ座」が誕生し、ますます目が話せない西おまち界隈で、今年も多くのパフォーマーによってハプニングを巻き起こします!

七間町は明治時代には演芸の街として、大正時代は活動写真、昭和になると映画といったように100年以上に渡りアートやエンターテイメントを通して、人々に日々の活力を与えてきました。とくにおおよそ100年前の大正時代の頃にはこの界隈には芝居小屋が40も50もあったと言われ演芸を楽しむ人たちで連日賑わっていたといいます。またそれに伴い多くの飲食店などが集まりました。それが現在の七間町に繋がっていきます。

3回目となる今回はこの賑わいを現代らしく蘇らせることを目指し、今を生きる表現者たちと取り組んでいきます。演劇、ダンス、大道芸に音楽ライブや落語など現代的で多様な創造的芸術的身体表現「フォーミング・アーツ」がこの街のレガシーを受け継いでくでしょう。ぜひ新しい歴史を紡ぐ瞬間を体感してください。またこの界隈には個人で営む個性的な店舗が多く集まっています。観劇の途中の街歩きもどうぞお楽しみに。

詳細は追ってお伝えします。

前回の様子はこちらからどうぞ。
七間町ハプニング2 レビュー


前回のフィナーレの様子

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です