toggle
2017-11-27

11/27(月) 華道家辻雄貴のいけばなワークショップ Vol.57

ダイナミックに自然と向かい合おう!

plants sculpture studio@スノドカフェ
華道家辻雄貴のいけばなワークショップ Vol.57

講師:辻雄貴(華道家)
日時:2017年11月27日(月) 19:30~
場所:本店(オルタナティブスペース・スノドカフェ)
   静岡市清水区上原1−7−3ー2F [ Google map ]
料金:4,000円(花代、ドリンク込)定員10名

お申し込み・お問い合わせ(スノドカフェ)
電話:054-346-7669
メール:お問い合せフォーム

華道家の仕事だけに留まらず、空間演出、能舞台のプロデュースなど、活躍の場を世界規模で広めている辻雄貴氏。表現は変われど、その根源には常に「いけばな」の思想があります。辻氏は日本の自然観から生み出された「いけばな」を日本古来の芸能やものづくりに接続し、今見せるべき姿で露わにします。本ワークショップでは、その考え方に触れながら、型を意識しながらもより自由な発想を大切にいけばなを実践します。

華道家辻雄貴のいけばなワークショップ

WSの基本的な内容は以下の通りです。

1)花材は季節の花草木を10〜15種類ほど用意します。
2)花材と季節でのいけばなの傾向を講師が解説します。
3)参加者がテーマを決めて用意した花材から好きなだけ選んで自由に活けます。
4)花器はこちらで準備した花器15種類ほどから選び頂けます。
  (もちろん持ち込み花器でも可能です)
5)おおよそ1時間15分ほど創作します。
  (各自、活け方など分からないことは直接講師に尋ねることができます)
6)創作物を順番に撮影しながら、講評や感想を交換します。
7)最後に全体の講評を講師から頂き終了となります。

* いけばなに使用した花材はお持ち帰り頂けます。

華道家辻雄貴のいけばなワークショップ

辻雄貴

[ 講師プロフィール ]

辻 雄貴(華道家 シャクジ能アーティスティックディレクター)

1983年 静岡県出身。工学院大学大学院工学研究科建築学専攻 修士課程 修了。辻雄貴空間研究所 主宰。建築という土台を持ちながら追求する「いけばな」は、既存の枠組みを超えて、建築デザイン、舞台美術、彫刻、プロダクトデザインなど、独自の空間芸術として演出される。人と建築と植物。三つの関係性を考え、植物の生命力と人間の創造力を融合させた空間表現には他に類がない。近年は、国内外問わず様々なブランドとアートワークを発表。世界を舞台に、日本の自然観・美意識を表現している。 また、日本の古来の芸能やものづくりの神の名を冠した「シャクジ能」を能楽師大倉流大鼓方大倉慶乃助と共に旗揚げ。いけばなと能が同時代に生まれたことを前提に、伝統芸能の新しいかたちを提案している。「シャクジ能」では、移動舞台のデザイン・基本設計や舞台美術などを手がけるアーティスティック・ディレクターとしても活動している。 2013年、フランスにて「世阿弥生誕650年 観阿弥生誕680年記念 フェール城能公演」の舞台美術を手がける。 2015年静岡とフランス、カンヌとの文化交流事「シズオカ×カンヌ×映画祭」では、アーティスティックディレクターに就任。 2016年、ニューヨーク カーネギーホール主催公演にていけばなを披露。カーネギーホール史上初の華道家となる。 2017年、スペイン フェリペ6世国王夫妻来日に際して、天皇皇后両陛下ご臨席のもと、静岡浮月楼「月光の間」にて献花・室礼をおこなう。

公式HP http://yukitsuji.com/
instagram https://www.instagram.com/tsuji.ikebana/

辻雄貴さんがユニリーバのシャンプーブランド「CLEAR」の映像広告に出演しています。ぜひご覧ください。
(テレビCMではサッカーのクリスティアーノ・ロナウド選手が出演しています)

華道家辻雄貴のいけばなワークショップ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です